初めて買ったザック マムート「Ducan24」

目次

初めて登山用ザックを買う

こんばんは。TSUBOSUGI1975です。

今回は私が初めて購入した登山用ザックの紹介と使用した感想をお話ししたいと思います。

私が登山を始めた当初は近隣の標高500㎡未満の低山を中心に歩いていました。山行時間は大体2時間程度でした。

その時に使っていたのはパタゴニアのRefugio Pack 28Lでした。

 
登山を始める前には普段用に使ってたのをそのまま山でも使っていました。
そのうち二上山龍王山などを登るようになり、たくさんの登山者を見ていると、私の使っているようなバックパックを使っている人はあまり見かけなくなりました。
今後、大和葛城山金剛山を登るのには登山用ザックが必要なのではないかと考えるようになりました。
仕事の仕入であるサイトを検索していると、ちょうどマムートのザックがセールだったので勢いで購入してしまいました。

登山用ザックの多機能に驚く

購入したザックはマムート「Ducan24」です。

 
しかし、このザックを購入してから登山用ザックの多機能ぶりに驚かされました。
1,000㎡程度の山になれば山行時間は3~4時間程度になります。山行時間が長くなれば必然的に荷物が多くなります。
食料、レインウェア、トレッキングポール、タオル、地図、コンパス、ナルゲンボトル、ファーストエイドキット、カメラなどかさばるものから小さい物まで多岐にわたります。
山頂にベンチがなければ、マットや折り畳み椅子など大きい物も必要になります。ただ単に容量が大きいだけではなく、必要なギアを効率よく収納できてなおかつ取り出しやすくなければなりません。
登山用ザックとはそれらに対応できるように作られていることに驚きました。私はいまだにすべての機能を使いこなせていないほどです(;^ω^)

Ducan24を使用した感想

まずはヒップベルトです。デュカン24のヒップベルトはペラペラですがそれでも腰に荷重を分散できるのは大きいです。ヒップベルトがあるだけでここまで重さを感じなくなるのかと驚きました。

左ヒップベルトには収納スペースが付いていますが小さいので私は飴やリップクリームを入れています。

右ヒップベルトには折り畳み式のトレッキングポールを装着できるようになっています。

ザックの左右にもトレッキングポールを装着できるようになっています。

ザック底の収納スペースにはレインカバーが入っています。私は幸いな事にまだ使う機会に恵まれていません(笑)

背面は弓のように曲線になっていてメッシュが張っています。背中と空間ができるようになっていて背中が蒸れにくくなっています。

雨蓋の表と裏にはチャック式の収納スペースがあります。地図や財布を入れるのに便利です。

取り出し口は巾着袋のようになっていてスムーズに開閉できます。ハイドレーション用のスペースもあります。

ザックの上部にハイドレーションのチューブを出す穴があります。

私が一番便利だと思うのはショルダーハーネスに付いているメッシュの収納です。メッシュは伸縮性に優れペットボトル、ナルゲンボトル、スマホなどを収納できます。

今メインで使っているザックにはこれがないので不便に感じるくらいです。

Ducan24の評価

Ducan24は低山登山にはちょうどいいザックだと思います。山頂で調理をするために携帯用ガスバーナーやクッカーを持参する方には容量が少ないと思います。

全体的に少し耐久性が弱いかなと思いますが、低山登山なら全く問題ないです。

私は初めて購入したザックがDucan24で正解だったと感じています。値段もお手頃なので初心者用としてはオススメのザックだと思います(^^♪

東大台(中道)コースで大台ヶ原を歩く

目次

大台ヶ原とは

大台ヶ原とは、奈良県三重県の県境にそびえる複数の山に囲まれた台地状の地帯を指します。

国有数の多雨地帯として知られ、「日本百名山」の1つに数えられています。大台ケ原の最高峰は日出ヶ岳(1,695m)で三重県の最高峰でもあります。

大台ケ原へのアクセス

奈良方面から169号線の大嶽トンネルを抜けると分岐があり右に入ると大台ケ原ドライブウェイとなります。大台ケ原ドライブウェイを20~30分ほど行くと大台ケ原駐車場に到着します。

西名阪柏原インターから2時間~2時間半程度、京奈和道御所南インターから1時間半~2時間程度どかかるかと思います。

駐車場はかなりの台数を駐車できますが、土日はかなり混むみたいですので朝に到着するのが無難だと思います。

駐車場の周りにはトイレ、売店などがありますので入山前の準備を整えることができます。

まずは日出ヶ岳を目指す

大台ケ原ビジターセンターの左に登山口があります。登山口から少し歩くと分岐に出ます。

左に行くと日出ヶ岳山頂に、右は中道コースに入り尾鷲辻にでます。日出ヶ岳と大蛇嵓に行かれる方は、まず日出ヶ岳を目指された方が良いかと思います。

日出ヶ岳方面にしばらく歩いて行くと分岐に出ます。ここには展望デッキがありますので、日出ヶ岳山頂前に景色を眺めながら一息つけます。

山頂前の階段が日出ヶ岳までの唯一の急な登りです。それほど長い階段ではなく、景色を楽しみながら登れるのでさほど苦にはならないかと思います。

階段を登りきると展望台が見えてきます。展望台の先に日出ヶ岳の看板と三角点があります。展望台は休憩所になっているので、景色を眺めながらのんびりできます。

展望台からは360度の展望が得られます。大峰山系の山々、熊野灘金剛山大和葛城山などが見渡せます。雲一つない快晴なら富士山まで見えるそうです。

笹に囲まれた木の道を歩き大蛇嵓を目指す

日出ヶ岳を後にし、先ほどの分岐までまで戻り正木峠方面に向かいます。なだらかなアップダウンが続きますが、整備が行き届いた道なので苦になる事はないかと思います。

素晴らしい景色を楽しみながらのんびり歩くことができます。

笹に囲まれた木の道を過ぎると林の中の道となりしばらく歩くと正木ヶ原に到着します。正木ヶ原からは狭く石の転がる道が続きます。

しばらく歩くと尾鷲辻にでます。東屋があり休憩することができます。ここを左に行くとコブシ嶺、真っすぐ行くと大蛇嵓、右に行くと駐車場に行けます。

真っすぐ大蛇嵓方面に歩いて行くと牛石ケ原にでます。ここには大きな神武天皇銅像が置かれてます。

大蛇嵓には絶景が待っている

牛石ケ原からしばらく進むと分岐にでます。道しるべに従い大蛇嵓方面に10分程度歩くと大蛇嵓に到着します。

素晴らしい景色ですが正直、私は怖かったです(;^ω^)

奥さんはビビって岩場に入ってこれませんでした。後方で震えながら私を見守っていました(笑)

若い人が普通に岩場を下りていく姿を見て衰えを感じずにはいれませんでした(;^ω^)

中道コースで楽々下山♪

予定ではシオカラ谷を通って駐車場に戻る予定でしたが、道しるべに書かれている「標高差160m急坂注意!」と吊り橋があるという情報を聞いた奥さんが難色を示したため、予定を変更して中道コースで戻ることにしました。

尾鷲辻まで戻り、中道コースで駐車場に戻ります。

中道コースは危険個所もない安心して歩ける道でした。尾鷲辻から30分程度歩いて無事に駐車場に戻ることができました。

 

今回歩いたコースは登山道というより遊歩道に近い感じでした。日出ヶ岳の標高は1、695mですが、大台ケ原駐車場が標高1、500m以上ですのでそれほど登ることはありませんでした。

中道コースは大蛇嵓付近を除いては、体力に自信のない奥さんでも楽しく歩けるコースでした(^^♪

goo.gl

道の駅「杉の湯 川上」

道の駅「杉の湯 川上」は奈良県吉野郡川上村の国道169号線沿いにあります。

私は大台ケ原や行者還岳などに登山に行った際によく利用させてもらっています。

規模的には小さいですが、物産店、お食事処、トイレ、自動販売機など一通り揃っています。この辺りはトイレがないので非常にありがたい存在です。

車は店の前に数台停めれますが、土日は店の前でテント販売などを行うので使えないことが多いです。その際は、隣の役場の駐車場に停めることができます。

農作物は販売していませんが、地元の名産品などを購入することができます。

物産店の隣にはお食事処があり、飲食スペースが設置されています。

駐車場からは白屋岳が見えます。私はここで缶コーヒーを飲みながら山を眺めています。

隣には「ホテル杉の湯」があります。宿泊しなくても温泉やレストランを利用できます。

 

土日にはバイカーなどで混雑していてかなり活気がありますよ。

ドライブなどで近くを通ることがありましたら是非、立ち寄ってみてください♪

 

goo.gl

整理整頓とDIY

コロナで自分の部屋の汚さに気づく

私はコロナによってライフスタイルが大きく変わりました。

サラリーマン時代の自宅での過ごし方は、月~木曜日は晩飯食って寝る。

金曜日は飲みに行き深夜に帰って寝るか朝まで飲んで土曜日は昼もしくは夕方まで寝る。

日曜日は奥さんとどこかに出かけるといった感じで、自分の部屋にいることは少なく、ほぼ寝るだけの部屋でした。

それがコロナが蔓延してからは飲みに行くことができなくなり、外出も近所に買い物に行く程度しかできなくなりました。

必然的に自分の部屋で過ごすことが多くなり、そこであることに気づきました。

「俺の部屋めちゃくちゃ汚いな・・・」

布団は敷きっぱなし、物は置きっぱなし、スーツ、上着は適当に掛けっぱなしという有り様でした。

ホームセンターである商品に出会う

私は部屋で快適に過ごすために掃除をするようになりました。部屋を掃除をしていく中で一番気になったのが収納の少なさでした。

そこでホームセンターになにか良いものはないかと探していく中である商品が気になりました。

 

 

ラブリコとウォリストという商品です。家に帰りラブリコとウォリストの活用方法を色々調べてみました。
これらは2×4木材で天井と床を突っ張り壁を傷つけることなく柱を作れるというものでした。
木の柱を何本か作ることによって木の壁や棚などが作れます。私の住まいは賃貸なのでこれなら壁や天井を傷つけることなく収納棚を作れるのではないかと思いました。

とりあえず棚を作ってみる

一番気になっていたのが普段から着る機会の多い服を掛けるスペースでした。サラリーマン時代は毎日スーツを着ていたので、スーツを掛けるために作りましたが、脱サラした現在は普段着や登山着を掛けています。

初めて作った棚なのでかなり適当で強度もイマイチです。この反省は奥さんの部屋の棚に活かされています(笑)

快適な部屋作りは整理整頓につながる

その後も棚や机などを作成しました。おかげで私の部屋はスッキリして結構オシャレな感じになりました♪

自分で作ったものには愛着がわくので大事に使い、きれいに維持しようと思うものです。おかげで私の部屋はコロナ以来、整理整頓されています。

ラブリコとウォリストの違い

私はラブリコとウォリストのどちらも使用して棚や木の壁を作りました。それぞれに特徴があり使い分けるのが良いと感じました。

ラブリコ

・木の壁を簡単に作れる

・オシャレな棚が簡単に作れる

・使う木材が少なくてすむので予算を抑えられる

・強度が多少不安

ウォリスト

・強度のある安定した棚が作れる

・木材を多く使うので予算が高め

オシャレな部屋を簡単に作りたいならラブリコ、より頑丈で実用性重視ならウォリストといった感じでしょうか。

賃貸でもDIYが楽しめるので、どちらもオススメですよ!

 

 

 

道の駅「吉野路 黒滝」

道の駅「吉野路 黒滝」は奈良県吉野郡黒滝村にある道の駅です。

309号線沿にあり近くに丹生川があります。

車で西名阪柏原インターから60~90分、京奈和道御所南インターから45~60分程度で行くことができます。

私は、ここの道の駅をよく利用させてもらっています。大峰山系の山に登るときは必ず寄ってますし、奥さんも好きなので頻繁に訪れています。

ここの道の駅の良いところは、食事や買い物など一通りのことができて、自然に囲まれている所です。

土日には遠方からもお客さんが来るので大変賑やかで活気があります♪

駐車場からすぐにテントがあり色々な食べ物を販売しています。外に飲食スペースが設けられていますので、景色を見ながら食べることができます。

奥さんはここでよく鮎の塩焼きを買っています(^^♪

 

入って正面にはたくさんの農作物や木の加工品などが販売されています。春から秋にかけてはメダカの販売もしています。

右手には土産物屋があり色々な特産品が販売されています。

左手にはヤマザキショップがありコンビニで販売しているものや、お弁当、ソフトクリームなどが購入できます。

ここでお弁当を買って、店内の飲食スペースや外で食べている人が多いです。

登山後にここでソフトクリームを食べるのが私の楽しみとなっています(笑)

正面を抜けると広場があります。子供がよく走り回っていて微笑ましい風景を見ることができます。

これ以外にも柿の葉寿司や草餅など色々な物が販売されています。駐車場も広いのでかなりの台数を停めることができます。

山と川に囲まれた活気のある道の駅ですので是非一度訪れてみてください♪

goo.gl

2022年新作 パタゴニア レトロXが値上げ

パタゴニア・レトロXが値上げ」

パタゴニアのメンズ・クラシック・レトロX・ジャケットが値上げしましたね。

というよりパタゴニアの商品が全体的に値上げしたようです。

29,700円→33,000円

レトロXは3,300円の値上げです。日本だけではなく各国でも値上げしています。

私は、海外からレトロXを仕入してBUYMAヤフオクで販売しているのですが値上げと円安のダブルパンチで2022年のレトロXの仕入を悩んでいるところです。

私はレトロXユーザーでとても気に行っています。レトロXは趣味で販売しているようなものです(笑)

私が愛用しているレトロXです。定番のNaturalでFA20です。

レトロXはオーバーサイズで着るのがかっこいいですよね。デザインだけではなく機能的にも優れていて、真冬の冷たい風から守ってくれます。

「2022年モデルはほぼ新色」

2022年モデルのレトロXはほぼ新色ですね。定番のNaturalは残っていますがパタゴニア公式HPを見る限りはBlack、New Navyはなくなっています。

・New Navy w/Wax Red

・Pitch Blue

・Dark Natural w/Plume Grey

3色が新たに追加され全4色になっています。

・Dark Natural w/Sequoia Red

海外限定で新色も出ています。

「新色2種類を入荷してみた」

New Navy w/Wax Redです。2021年モデルのNew Navyより色が濃くなっていて襟に赤色のラインが入っています、ジッパーの布も赤色になっています。

パタゴニア公式HPでは現時点でXSサイズしか残っていませんね。

日本未発売のDark Natural  w/Sequoia Redです。2020年モデルのBarn Redよりモコモコがくすんだ感じです。襟やジッパーのオレンジのラインがブルーになっています。微妙に変えてきますね(笑)

 

 
Amazon楽天市場も2022年モデルはあまり販売されていないみたいです。廃番のBlackは値段が上がっているようです。
ちなみに当店ではNew Navy w/Wax RedとDark Natural w/Sequoia Redの2色を販売しております。サイズはMとLサイズのみで32,800円です。
興味のある方は是非見てみてください♪
⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
 

天狗谷コースで大和葛城山へ

大和葛城山奈良県大阪府にまたがる山で、ロープウェイがある基本ルートは奈良側(御所市)ですが山頂は大阪府千早赤阪村)になります。 ちなみに大和葛城山大阪府最高峰の山です。

私が登山を始めてから最も登ってる山で、お気に入りの山の一つです。

大和葛城山に登るコースは複数あるのですが、今回は天狗谷コースで登りたいと思います♪

「水越川公共駐車場からスタート」

水越川公共駐車場は奈良側からは309号線の水越トンネルを出てすぐを左に入る道(旧309号線)沿いにあります。大変ありがたい無料駐車場で25台程度駐車可能です。

この駐車場からは金剛山登山口からも近いので平日でも午前中から満車になっていることが多いです。

駐車場から309号線に向かってしばらく歩いて行くと自動販売機が見えてきます。この自動販売機付近には金剛山登山口があるので路駐している車が多いです。

自動販売機の近くにはトイレもあるので、入山する前に準備を整えましょう。

天狗谷コースは自動販売機の手前の道を右に入り309号線の上を渡ります。

道なりにしばらく歩いて行くと分岐に出ます。ここは真っすぐ行かず右に入ると天狗谷コース登山口になります。

「天狗谷コースの3つのゾーン」

私は天狗谷コースは3つのゾーンがあると思っています。それぞれのゾーンを楽しみながら歩くようにしています。

1つ目は沢沿いのゾーンです。天狗谷コースで唯一慎重に歩くゾーンです。

岩が多く渡渉する箇所もあるのでスニーカーではなく登山靴で歩くのが無難です。この写真の道は左に行きがちですが右に進みます。

鎖場もあります。天狗谷コースで一番注意が必要なゾーンですが、一番楽しめるゾーンでもあります♪

沢沿いのゾーンを抜けると2つ目の木の階段が多いゾーンに入ります。このゾーンが一番しんどく面白味のないゾーンです。

しかし、それほど長いゾーンではないので頑張って歩きましょう(^^♪

木の階段を登りきると、天狗谷コース唯一のベンチがあります。ここで休憩して息を整えましょう。水分補給も忘れずに。

ベンチからは道が広がり気持ちの良い道になります。ここからが3つ目の林道ゾーンです。

階段はありますが所々で、天気の良い日は光が差し込み気持ちの良い風が吹込みます。山を感じながら歩くことが出来ます。

途中、弘川寺との分岐がありますが、このコースは通行不可になっています。

しばらく歩くと弘川寺道に出ます。天狗谷コースはここまでです。

弘川寺から登るコースはこの林道を歩いてきます。結構長いコースです。

「山頂には素晴らしい景色が待っている!」

弘川寺道を進むとキャンプ場があります。ここでテント泊ができるようです。

ダイヤモンドトレイルに合流。

白樺食堂はつつじの季節以外は土日のみの営業だったと思います。この日は平日でしたので閉まってました。

白樺食堂の裏にはデッキがあり奈良側の景色を見ることが出来ます。

白樺食堂の横にはトイレもあります。

トイレの正面にダイヤモンドトレイルのプレートがあります。この横を登って行くといよいよ山頂です。

大和葛城山頂です。私が初めて山頂に来たときは晴れた冬の日で一面雪でした。空気が澄んでいて、景色がとてもキレイであの時の感動は今でも忘れることができません。

奈良盆地大阪平野が一望できます。

お隣の金剛山も良く見えます。この時期はススキがきれいです。

「山頂以外にも見どころあり!」

大和葛城山は山頂の高原と展望の素晴らしさだけではなく他にも見どころがたくさんあります。

その一つがつつじ園です。5月ごろは一面真っ赤に染まりとても美しいです。

つつじの季節以外でも、つつじ園のベンチで金剛山を眺めながらのんびりするのも良いです♪

ちなみにダイヤモンドトレイルはつつじ園を見ながら歩くことができます。

水越峠にはダイヤモンドトレイルで下山するのが最短ルートですが、急な階段続きで膝を酷使します。夏場は藪が生い茂り藪漕するゾーンもあるので私はこのルートではあまり下山しません。

そしてなんと言ってもかつらぎ高原ロッジで食べるかも丼です!

私はこれが楽しみで大和葛城山に登っていると言っても過言ではありません!

売店は9時から、レストランは11時からなので早朝から登ると食べれません。かつらぎ高原ロッジは宿泊できるので、近いうちに宿泊してかも鍋を食いたいと思っています(^^♪

 

以上が天狗谷コースと大和葛城山の紹介となります。

大和葛城山は天狗谷コース以外にも色々なコースで登ることができ、季節ごとに楽しみがある飽きない山です。

登るのに自信のない方は奈良側からロープウェイで登ることもできます。

今後も定期的に登りたいオススメの山なので、是非とも大和葛城山に訪れてみてください♪